色彩感覚

日々の日記とか。

両声類について。

nanaに、両声類とかいってちょっと低い声で歌うだけの甘ったれた奴、多いですよね。

ショタボ(笑)で男声とする風潮があるみたいです。

 

ふざけんな。

 

ということで共感覚持ちが両声類について、特に女性が男声を出す方法について書いていきます。

結構電波なので覚悟してください()

 

 

 

‪まず、女性が男声を出すのに手っ取り早いのは「全体的に暗くする」‬

 

基本、nanaで歌ってる女声はこんな色が多いです。高めのショタボ?ってやつですね。この場合、ここからかなり暗くする(低く、喉を開かせる)だけでこんな風にほぼ男声になるわけです。

しかし、低いのが出ない人が多くてみんな掠れてますね。

私の練習法なので個人差はありますが……

 

‪低い音は出して出して出しまくれ!

喉が疲れた時の方がコツを掴みやすいぞ!

一度だけでもいい、ヒトうたで数時間かけて男性キー練習してみろ!

絶対少しは上手くなるし、楽しいから!

 

はい。

 

そして、nanaには少ない元の声がこんな色の人。女声だけどふわふわしてない、割とハキハキした声の人。自分もこれなんですけどね。

この声の場合、結構素質ありますよ。

このタイプの人は「ガラ」を覚えるだけで声が変わります。

喉を鳴らすような……「呪怨」の伽椰子みたいな声を出す練習してみてくださいな。喉がちょっと痛いような、変なクセができると思います。その変なクセと自分の声を足して割って低く(上の青系よりも高めでいい)すると、男声になるのですよ。

 

 

 

意味不明ですね。

言いたいことが読み取れた人は参考にしてみてくださいw